滞納の初期段階では,穏便な督促によっても滞納状況が解消することは多いです。マンションという同じ生活環境に身を置きながら,公平に支払義務を負っている管理費や修繕積立金の支払を自分だけ怠るという状況が大変気まずいからだと思います。

滞納状況の早期解消が十分に期待できる滞納初期段階では,裁判手続を利用しない,以下の手段による督促をまずは試みることになりなります。

自宅訪問,電話,督促書のポストへの直接投函

2,3か月程度の滞納の場合であれば,通常は,管理会社のフロントマンが,滞納している区分所有者の自宅を訪問したり,電話を掛けたり,手紙をポストに投函することを繰り返し,支払を促すことになろうかと思います。このような簡便,穏便な督促で滞納が解消することが理想ですし,解消されることも実際上は多いです。

ただ,3か月を超え滞納期間が徐々に長くなってくると,これらの方法で回収することが次第に難しくなってきます。

配達証明付内容証明郵便

次の段階として,回収に多少の費用を掛けることになります。まずは配達証明付の内容証明郵便により督促状を送ることが一般的なのではないでしょうか。1000円前後の費用を要しますが,これにより管理組合の本気度が伝わり回収に繋がることもあります。督促行為の証拠化としての意味もあり,回収にあたっては少なくとも一度は利用すべきでしょう。

それでも支払わない場合には,やはり裁判手続を利用せざるを得ないと思います。

弁護士無料相談

初回相談は無料です。お気軽にお電話ください。
無料相談をご希望の方は、弁護士加藤を指定してください。

電話番号:03-6661-0993

マンション管理費滞納問題関連ページ

滞納管理費回収方法トップ
 滞納管理費回収方法-内容証明
 滞納管理費回収方法-公正証書
 滞納管理費回収方法-通常訴訟
 滞納管理費回収方法-先取特権
 滞納管理費回収方法-競売請求訴訟
 管理規約-違約金と弁護士費用
 遅延損害金で弁護士費用は補える
 滞納管理費回収の弁護士費用
 支払督促申立サポートサービス
 管理会社の責任