交通事故はある日突然…

 交通事故はある日突然起こり,ある日突然,被害者となってしまうものです。自動車,バイク,自転車,飲酒運転などの場合は論外ですが,どんなに注意深く運転を行っていたとしても,被害者となってしまうことがあります。
 ある日突然起こるものではありますが,慌てずまずは弁護士に相談されることをお勧めします。相手方が任意保険を掛けていた場合であれば,任意保険会社の担当者が今後の流れを説明してくれると思いますし,治療費も当面任意保険会社に任せることができることから,それほど慌てずに済むかもしれません。ただ,あくまで相手方の保険会社であることは忘れてはいけません。

保険会社との示談交渉

 保険会社の担当者との示談交渉をご自身で行われるときにも注意が必要です。任意保険会社が損害を算出する際に用いる基準は,弁護士が用いるそれとは開きがあります。弁護士が付いていないと,任意保険の基準よりも更に低く設定されている自賠責保険の基準を用いて損害を算出した上で提示されるかもしれません。
 相手方の任意保険会社との示談交渉については,弁護士に相談・依頼することが賢明です。ご自身でやられるにしても,少なくとも提示された金額について一度は弁護士に確認されることをお勧めします。

症状固定,治療費打ち切り

 相手方の任意保険会社からある日突然,治療費を打ち切ると一方的に言われることがあります。これ以上治療に効果がない(症状固定)と一方的に判断され,治療費を打ち切られた上,後遺障害診断書がご自宅に届くことがあります。治療費の支払いは打ち切るが痛みが残る場合には担当医に作成してもらった上で,保険会社に送り返して欲しい,診断書に基づき後遺障害が認定されるとその分賠償金が増えると。
 この場合も,あくまで相手方が任意保険会社であることを思い出しましょう。被害者請求といって被害者側主導で後遺障害の認定を申請し,なおかつ先だって支払を受けることができる方法もあります。このような場合にも弁護士に相談・依頼することが賢明といえます。

ご相談案内

 ご相談は通常は原則的にご本人様からのご相談に限らせて頂いておりますが,こと交通事故の場合には,入院中など様々な事情があることから,ご家族の方からのご相談でもお受け致しております。また,ご事情に応じ,病院などへの出張相談にも応じておりますので,お電話にてまずご事情・ご要望をお聞かせ下さい。

弁護士費用

 交通事故に遭われたら,ご自身やご家族が加入している任意保険会社の保険証書を確認しましょう。弁護士費用特約をオプションで付けているかもしれません。これを付けている場合には,交通事故により受けた損害の賠償金の請求・回収にかかる弁護士費用を一定限度額までご自身で支出する必要がなくなります。弁護士に相談する前に是非確認してみて下さい。
 仮に弁護士費用特約を付けていないような場合でも,被害者請求をすることで,当面の治療費や弁護士費用を賄えることもありますので,まずはご相談下さい。

弁護士無料相談

初回相談は無料です。お気軽にお電話ください。
無料相談をご希望の方は、弁護士加藤を指定してください。

電話番号:03-6661-0993