弁護士費用に関する考え方

個人の方の場合は特に,これまでに弁護士に事件処理を依頼したことはなく,それどころか相談すらしたことがない,という方がほとんどだと思います。そのため,総則的に一般的な基準を設けつつも,ご相談が多い典型的な紛争類型については,できる限りシンプルで明確な分かりやすい弁護士費用を心掛け設定させて頂いております。実際に,ご依頼を頂く場合には,あからじめご依頼内容に応じた弁護士費用を改めてご説明させて頂きますので,ご安心下さい。これに対し,法人様の場合には,顧問契約の有無,各法人様の支払サイクルや,事業内容,事件数などの各事情に応じ,柔軟に対応しておりますので,ご要望等をお聞かせ下さい。

なお,以下に掲げている金額は全て税別表記となっておりますので,ご注意ください。

弁護士費用とは

弁護士費用としては,法律相談料がまず挙げられます。事件処理を受任するにあたっては,通常,着手金・報酬金形式でのお支払いをお願いしております(ただし,交通事故などではタイムチャージ方式でのお支払いをお願いすることもございます。)。法律相談料,着手金,報酬金以外の費目としては,手数料,日当,実費が挙げられます。以下に,簡単にではありますが,用語の解説に加え,基本的な支払時期も明らかにしておきます。

法律相談料は,法律相談の対価として発生するものです。お支払い時期としては法律相談終了時となります。

着手金とは,事件処理の対価として事件を受ける際に発生するものです。着手金のお支払い時期としては事件処理の依頼時となります。

報酬金とは,事件処理の対価として処理結果に応じて発生するものです。報酬金のお支払い時期としては事件処理の結果が明らかとなる事件終了時となります。

手数料とは,通常1回程度の委任事務処理で終了する事件で,その事件処理の対価として発生するものです。手数料のお支払い時期としては,事件処理の依頼時となります。

日当とは,事務所所在地を離れて事件処理を行わなければならい場合に発生するものです。日当のお支払い時期としては,その都度お預かり金から頂く場合と,事件終了時に頂く場合とがあります。

実費とは,印紙代,交通費,通信費など事件を処理するにあたり実際に発生する費用で,以上の弁護士費用とは別に発生します。実費については,原則的に,事件処理の依頼時に一定額(多くは3万円~5万円)を預からせて頂いております。不足が見込まれる場合には,適宜,追加のお預かりをお願いすることがございます。最終的な過不足については,事件終了時に精算させて頂いて下ります。

法律相談

初回法律相談無料です。2回目以降は1時間あたり1万円となりますが,事件処理のご依頼を受ける場合には別途法律相談料はいただきません。

業務別弁護士費用

民事事件(一般)

まずは当該事件の経済的利益の額を求め,この経済的利益の額に応じ,以下の弁護士費用速算式にあてはめ算定することになります。「着手金」につきましては事件等の対象となる経済的利益の額を,「報酬金」については委任事務処理により最終的に確保することになる経済的利益の額を,それぞれ基準として算定することになります。

弁護士費用速算式(税別)

経済的利益の額

①300万円以下 着手金8%/報酬金16%

②300万円超え3000万円以下 着手金5%+9万円/報酬金10%+18万円

③3000万円超え3億円以下 着手金3%+69万円/報酬金6%+138万円

④3億円超え 着手金2%+368万円/報酬金4%+738万円

建物明渡請求事件

ご相談件数の多いアパートの1室など居住用建物の賃料不払に基づく明渡請求事件については,概ね着手金10~30万円,報酬金20~40万円となります。
ただし,仮処分を申し立てる場合には別途10万円の着手金が発生します。これに対し,強制執行を申し立てる場合には,別途弁護士費用が発生することはありませんが,執行官や引越業者の費用等の実費が発生することになります。

賃料不払い以外の理由に基づく明け渡しの場合は,当該理由の内容等にもよりますが,概ね着手金10~50万円,報酬金は明け渡しにより実現される経済的利益の額に応じることになります。

マンション関連事件

管理費・修繕積立金滞納問題,ペット問題,迷惑行為(悪臭・騒音等)問題など,マンション内で起こる様々な問題については,特に相談件数が多いことから,下記サイト内で詳しく特集を組んで説明を加えております。マンション関連問題については,弁護士費用を含め,下記サイトをご確認下さい。

弁護士によるマンション問題解決の手引き

遺産相続事件

<遺産分割協議書の作成>
手数料:10~30万円

<遺産分割協議・調停・審判>
着手金:10~30万円/報酬金:取得額の10%

<遺留分減殺請求>
着手金:10~30万円/報酬金:取得額の10%

<遺言作成>
手数料:10~30万円

遺言執行も執行者の代理人として行うことも可能ですので,ご相談下さい。執行内容に応じたお見積もりをご提示致します。

<その他>
相続人調査,財産調査から始まり,遺産分割協議書の作成,遺産分割協議内容の執行(相続登記等)までをトータルでサポートさせて頂くことも可能ですので,色々とご要望をお聞かせください。ご要望内容,財産内容等に応じたお見積もりをご提示致します。

離婚男女問題

<離婚協議書の作成>
手数料:10~30万円

<協議・調停・訴訟>
※離婚事件には慰謝料,財産分与,親権,養育費等の請求を全て含んでおります。
着手金:20~50万円/報酬金:着手金と同額+経済的利益の10%

<婚約破棄,不倫相手への慰謝料請求等>
着手金:10~30万円/報酬金:経済的利益の10%

<その他>
離婚事件に関しては,ご自身で行われる離婚協議について,継続的にアドバイス差し上げる,といったサポートもさせて頂くことも可能ですので,色々とご要望をお聞かせください。ご要望内容に応じたお見積もりをご提示致します。

弁護士無料相談

初回相談は無料です。お気軽にお電話ください。
無料相談をご希望の方は、弁護士加藤を指定してください。

電話番号:03-6661-0993